忍者ブログ
よろしくお願いします!
[23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 NECのCULVノートPC「LaVie M」シリーズは、1366×768ドット表示に対応する13.3型ワイドの液晶ディスプレイと約1.6キロの軽量スリムボディ、そしてNECのLaVieシリーズという安心感と比較的安価な価格を実現することで、“Netbook以上”を望むライトユーザーに人気だ。

【拡大画像や他の画像】 【表:ベンチマークテストの結果】

 このLaVie M
シリーズの2010年春モデルは、13.3型ワイドの液晶ディスプレイや軽量スリムボディ、鮮やかなカラーバリエーションといった従来モデルの特徴を受け継ぎつつ、CPUを超低電圧版Core 2 Duo SU9400(1.4GHz)に変更し、基本性能が強化された。LaVie Mの店頭モデルは、メインメモリを4Gバイト(DDR3 SDRAM 2Gバイト×2)搭載し、Office Personal 2007が付属する上位モ
デル「LM550/WG6」と、メインメモリを2Gバイト(DDR3 SDRAM 2Gバイト×1)とし、オフィススイートを同梱しない「LM530/WH6」の2モデルを設け、それぞれグロスレッド、グロスホワイト、グロスブラックの3種類のカラーバリエーションを用意する。

 さらに、NECのWeb直販サイト「NEC Direct」では、LaVie MをベースにプリインストールOSやメイン rmt ff14
メモリ容量、ストレージの種類や容量などをカスタマイズした「特別仕様」でオーダーできる。今回はこのカスタマイズオーダーした「LaVie G タイプM(ハイブリッドSSDモデル)」(以下、LaVie G タイプM)を評価機とし、パフォーマンスや使い勝手を検証していこう。

 LaVie G タイプM(およびLaVie M)のボディサイズは、330(幅)×220(奥行き)×27? 日本人
30.5(高さ)ミリで重量は約1.6キロ(今回のLaVie G タイプM評価機は実測値で1.608キロ)と、扱いやすいボディサイズながらもそこそこ薄く、このボディサイズからするとかなり軽量だ。モバイルノートPCとして、十分な携帯性が備わっているといえる。

 ディスプレイは、輝度の高さと低消費電力を両立するLEDバックライト仕様で、1366×768ドット表示に
対応する13.3型ワイドのスーパーシャインビュー液晶を搭載する。パネルの表面は低反射処理された光沢(グレア)仕様で、鮮やかな発色を実現するとともに、(バックライトを明るめにしておけば)低反射処理の効果で外光や周囲の映り込みもそれほど気にならないレベルに抑えられている。

 キーボードは、主要キーで19ミリ正方ピッチとする日本語87キ
ー仕様となっている。キータッチはやや軽めだが、ストロークが約3ミリと深く、適度なクリック感もある。このため、ごく普通に違和感なくタイピングが行える。ポインティングデバイスはトラックパッド式のNXパッドを採用し、2本の指を利用した拡大?縮小?回転?スクロールなどのジェスチャー機能や手書き文字入力機能なども搭載する。細かいところでは、クリッ
クボタンが左右一体型のシーソー式であるため、中央付近でボタン操作が行いにくい点が少し気になったが、こちらは慣れの範囲だろう。

 接続インタフェースは、本体左側面にアナログRGB出力×1、HDMI出力×1、USB 2.0(パワーオフUSB充電機能対応)×1、右側面にUSB 2.0×1、USB Duet用USB ミニB×1、1000BASE-T対応の有線LAN×1、前面にヘッドフォン、 ブランドコピー
マイク端子とSDメモリーカードスロットを搭載する。左側面のUSB 2.0端子が対応するパワーオフUSB充電機能は、PCの電源がオフの状態でも外部周辺機器の充電が行えるよう電力供給を行うもので、携帯電話や携帯音楽プレーヤーの充電に便利だ。無線通信機能はIEEE802.11b/g/n対応の無線LAN機能を標準で搭載し、LaVie G タイプMにおいては、オプションで 北京ビジネス通訳
IEEE802.11a/b/g/nおよびモバイルWiMAXモジュール(プラス9450円)の選択も可能となっている。

 メモリスロットや2.5インチHDDベイは、本体底面より容易にアクセスできる。PC3-6400 DDR3 SDRAM対応のSO-DIMMスロットを2本用意し、最大4Gバイトのメインメモリを搭載可能だ。

●「ハイブリッドSSD」を選択できるNEC Direct直販モデル


 さて、LaVie G タイプMは店頭モデル“LaVie M”シリーズのNEC Direct直販モデル版という位置付けとなり、店頭モデルにはない魅力がいくつか存在する。それは、メインメモリやストレージ容量といった構成を予算や好みに応じてカスタマイズできること、そしてHDDとSSDを同時に内蔵する「ハイブリッドSSD」のオプションを選択できることだ。

 
SSDは、HDDと比べて高速アクセス/軽量/静か/振動に強い/低消費電力といった特徴がある。CPU性能が低いPCでも、SSDを搭載するだけでOSやアプリケーションの起動が高速化され、体感速度を大きく向上できることが特に大きなメリットに挙げられる。その半面、SSDは容量あたりの単価がHDDと比べるとまだ高価なので、大容量のSSDを搭載するとなると価格
も跳ね上がる。こちらは、価格より絶対的な性能を重視するハイエンドユーザーであればよいが、価格も重視する(適度なコストパフォーマンスを望む)であろうCULVノートPCにおいてはそうもいかないところがある。

 そこでLaVie G タイプMは、約62Gバイトの比較的小容量なSSDと、320Gバイトあるいは500GバイトのHDDを同時に搭載する「ハイブリッド
SSD」と呼ぶ方法で、速度とストレージ容量を両立した。OSやアプリケーションは高速なSSDに置いて高速化を図りつつ、一般的なデータの保存は大容量のHDDで安心。かつSSDはそれほど大容量としないため、コストもある程度は抑えられる──。標準モデルのHDDに加えて、小容量の高速SSDを追加で搭載することにより、一石二鳥ならぬ一石三鳥を実現したわけだ
。ちなみに、今回の評価機は約62GバイトのSSDと、320Gバイトの2.5インチHDD(評価機は東芝「MK3263GSX」を実装)を搭載する構成となっている。

 ともあれ、まずは「ストレージがどれだけ高速か」をCrystalDiskMark 2.2.0(hiyohiyo氏作)で確かめよう。転送速度は、シーケンシャルリードが約180Mバイト/秒、512Kバイトランダムリードが約156Mバイト
/秒、4Kバイトランダムリードが約8.68Mバイト/秒(すべてテストサイズ1000Mバイト時)という結果になった。ライト速度は4Kバイトランダムライトテスト以外でもう一方の内蔵HDDの方がやや高速だったが、リード速度においてはHDDより大幅に高速である。

 ちなみに、今回の評価機に搭載していたSSDは東芝製の「THNSNB062GMCJ」だった。これは
、業界初となる32ナノメートルプロセスの多値NANDを採用したMicro SATAモジュール型SSDで、小型軽量で低消費電力という点も特徴としている。アクセス速度はメーカー公称値でリード180Mバイト/秒、ライト70Mバイト/秒とされており、今回のテストでもリード速度においてはほぼスペック通りのパフォーマンスを発揮した。ライト速度が公称値の半分ほどしか出
なかったことは少し気になるが、特別に遅いというわけではないため、実利用においては大きな問題とはならないはずだ。

 OSとアプリケーションも起動時間を比較してみよう。OSの計測時間は、電源ボタンを押してデスクトップ画像が表示されるまで、アプリケーションの起動時間は、アイコンをクリックしてアプリケーション本体が表示されるまでとし、
双方ともストップウォッチを利用した手動計測を3回行い、その平均値を出した。なお、アプリケーション起動テストはプリインストールソフトの「Roxio Creator LJ」を使い、店頭モデルの「LaVie M LM530/WH6B」(5400rpmの320GバイトHDD搭載)を比較PCとしている。

 結果は、やはりSSD搭載のLaVie G タイプMが優秀だ。OSの起動で約14秒、アプリケーシ
ョンの起動で約4秒ほども高速だった。同時に体感速度も劇的といえるほど変わり、同じCPUを搭載し、まったく同形状のPCとは思えないほどキビキビ/サクサクの動作が実感できた。

●同じCPUの店頭モデルより、体感速度も高速

 続いてベンチマークテスト(PCMark05、3DMark06、FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3、PCMark Vantage)も行おう
。ちなみに、LaVie G タイプMは超低電圧版Core 2 Duo SU9400とIntel GS45 Expressチップセットの組み合わせに、4Gバイトのメインメモリ(PC3-6400対応DDR3 SDRAM 2Gバイト×2)、62GバイトSSD+320GバイトHDDの“ハイブリッドSSD”を実装し、32ビット版のWindows 7 Home Premiumをプリインストールした構成。比較対象のLaVie M LM530/WH6Bは、2Gバイトのメイン
メモリ(PC3-6400対応DDR3 SDRAM 2Gバイト×1)と320GバイトHDD(5400rpm)のみという点以外は、LaVie G タイプMと同じ仕様となる。
 
 まず、ストレージのパフォーマンスが格段に優れているのは前述のとおりだ。このほか、LaVie M LM530/WH6はメインメモリがシングルチャネル動作になっていることもあり、メモリやグラフィックのパフォーマンス
にも差生じた。メモリの違いだけでもパフォーマンスにかなりの差が発生することを考えると、ハイブリッドSSD以外にメモリも4Gバイトのデュアルチャネル構成とするのがお勧めと言える。

 バッテリー駆動時間は、BBench 1.01(海人氏作 IEEE802.11gの無線LAN接続/60秒間隔で10サイトのWeb巡回/10秒間隔でのキーストローク)でチェックしよう。結
果は、電源設定「省電力」で約302分(約5時間2分)、電源設定「高パフォーマンス」で約198分(約3時間18分)となった。LaVie Mの標準バッテリパック(M)搭載時における公称バッテリー駆動時間は約4.9時間だが、LaVie G タイプMはSSDをメインストレージに採用し、テスト中はHDDの動作がほとんどなかったためか、公称値をかなり上回る結果になった。モバイル
ノートPCとしては、体感速度以外にバッテリー駆動時間が延びることも大きなメリットになる。やはりハイブリッドSSDの搭載は大きな意味がある。

 なお、今回はどちらも標準のバッテリパック(M)で統一したが、容量が2倍となるバッテリパック(L)(カタログ公称値は約10.3時間動作)も用意する。より長時間モバイル環境で使用したいと考えるユーザ
ーは大容量のバッテリパック(L)も検討するとよいだろう(バッテリパック(L)搭載時重量は約1.79キロ)。

●プラス1万8900円で「ハイブリッドSSD」が選択可能

 LaVie G タイプMは、LaVie Mの優れた部分をそのまま生かしつつ、ハイブリッドSSD仕様とすることで、体感速度が大きく向上する点が最大の魅力だ。価格については、今回の評価機と
同じ構成を選択した場合で14万2170円(2010年3月現在)となり、CULVノートPCとしてはやや高価な部類になる(なお、2010年3月25日15時まで有効の「17%offクーポン」を利用することで、11万7915円になる)のだが、標準の320GバイトHDDにプラス1万8900円でハイブリッドSSD仕様にできるオプション価格そのものはなかなかリーズナブルである。ちなみに、500Gバ
イトHDD(7200rpm)+62GバイトSSDのハイブリッドSSD仕様に変更してもプラス2万3100円だ。

 2010年3月現在、6万円前後から購入できる機種もある他社CULVノートPCと比べると、絶対的な価格は残念ながらかなわない。しかし、上質かつ軽量なボディや高品質な液晶ディスプレイとともに、NECの手厚いサポートが受けられるという点は他社製CULVノー
トPCにはない大きな魅力である。そして、SSDによる“超快適”な速度を体感したときの満足度は非常に高い。おそらく、もうHDDには戻れない体になってしまうに違いない。【平澤寿康(撮影:矢野渉)】

【関連記事】
? 最大10.3時間駆動+“低価格”のCULVモバイルノートPC──「LaVie M」
? 新Core iシリーズやUSB 3.0、次世代テクノロジ“満載”の全56
機種──NECの「LaVie/VALUESTAR」春モデル
? レビュー:SSD+HDD/HDD/SSD搭載の新型「LaVie Light」3モデルを徹底的にテストした
? ハイブリッド仕様の新型Netbook「LaVie Light」の気になる中身をチェックした
? NECの正統派Netbook──新Atom搭載「LaVie Light」の実力チェック

引用元:三國志 専門サイト
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R